パイピングとは

バッグのパイピングとはいったいなんでしょうか。これは洋裁で使われる言葉です。バイアステープによって布の端がほつれてしまわないようにくるんで始末することです。あるいは二つ折りになっている布や革を縫い目に挟んでとめてしまい、これを装飾としていることもあります。バッグの縁に紐状のものがつけられていることがあるのですが、それがパイピングです。こちらは長く使っていると擦り切れてしまうことがあります。

バッグを使っていると床に置いたり、壁に擦れてしまうことがあります。それによってパイピングが徐々に傷んでしまうのです。最終的にはパイピングが擦り切れてしまいとても不格好な状態となってしまうことがあります。

バッグの中でも一番壊れやすいとされているのが角の部分にあるパイピングなのです。こちらが壊れているのに放置してしまうとそれ以外の部分まで早く壊れてしまうかもしれません。バッグ全体に影響を与えてしまう大切な部分なのです。こちらを補強することによって、バッグを長持ちさせることができます。しかし、自分で修理をするのは難しいでしょう。そこでバッグ修理を専門としている業者の出番となるのです。そちらに頼むことによって、パイピングを直してもらえます。